« 田舎の春は黄色の景色・・・ | トップページ | 地上高15mよりの眺望 »

地上高15mの断捨離?

Cid_3be36afa2f8147b0aeacb3e44c885b9地上高15mのタワ-のテッペンで作業中のHikoさん 

写真提供我が家のテンネンカメラマン

 
 アマチュア無線のタワ-のテッペンのポ-ルが錆びて雨が降るたびにその錆色を周囲にまき散らして、銀色にメッキを施されたタワ-の上部付近は茶色と化してしまっています。

 かねてからの懸案だった錆対策と、殆んど使う事がなくなった最上部のスイスクワットアンテナの撤去を思い立ち、Hikoさんはやっと重い腰を上げることにしました。

 なにしろタワ-の最上部までは15m・・・ 下から眺めてもかなりの高さが有ります。

 いつも下から眺めては、何時かなんとかしなくっちゃと思うばかりで、なかなか踏ん切りがつきません。

 この日はひとまず、スイスクワッドを下ろして、なが~いポ-ルを半分くらいに切断する予定で、まずは段取り・・・・

 途中まで2連梯子を立てかけて、足場を固めて? 電源のドラムをタワ-中ほどまで持ってきて固定します。

 それからは延長コ-ドの出番で、ポ-ル切断用のサンダ-(グラインダ-)の電源確保は出来ました。

 まずは粘着テ-プでガンジガラメに巻かれたアンテナとケ-ブルを繋いでいるコネクタ-の取り外しから始まり、アンテナの取り外し作業に取り掛ったのですが、これがなかなかの厄介者、なにしろ20年以上の雨ざらしでネジ類は錆付いて完全に固着していて、潤滑剤を吹き付けたくらいでは、なかなか回ってくれません!

 思い余って、カッタ-使用も考えたのですが、カッタ-のスイッチを入れても何故か動かないでは有りませんか!

 ケ-ブルを目線で辿ってみると、あにはからんや、接続部分が抜け落ちてしまっています!これでは動くはずはない・・・・

 切断しようとしたUボルトの切断は諦めて、レンチとプライヤ-の助けを借りて、時間をかけてやっとアンテナを取り外し、ロ-プで吊下ろします。高所の作業はチョットしたミスも許せない危険な作業で緊張の連続です。

 次はメインイベントの、ポ-ルの切断作業です。さっき抜け落ちた電源コ-ドの接続をしなければなりません。 やっと登ったタワ-のテッペンからまたスタコラ スタコラ、 タワ-の中腹まで降りて行って、簡単に降りるといっても垂直に立ったタワ-の事、気は緩められません!安全帯を交互に掛けながら・・・・

 接続部分を結んで抜けないようにして、またてっぺんまで登り、ここでやっと切断作業の始まりですが、まずは、ポ-ルにロ-プをきびりつけ、倒す方向を考えながら、少しずつ切りすすめ、ロ-プをHikoさん自身の体に固定して、人力で曲がるところまで切って、押し曲げて、ポ-ルが下向きになったところで、ロ-プを握りながら切り落とすといった按配です。

 なぜならば、そのまま切り落としてしまえば、重い鉄パイプの事、何処へ飛んで行って被害を加えるか分かったもんじゃありません! これはHikoさんの仕事柄長年の経験からですが・・・・

 こうして何とか一段落、あとは残った錆部分を塗装するか?思い切って別のパイプに替えてしまうか思案中・・・・

Cid_2d800fb70b364d10b5aa5c4c2a31d0a                  地上高15mで作業中のHikoさん

                                    写真提供我が家のテンネンカメラマン

R0017593_01                  着工前のアンテナの状況

                                    RICOH CX3

R0017601_01                    ポ-ルは短く、スイスクワッドも無くなっています。

                                       RICOH CX3

 

 

« 田舎の春は黄色の景色・・・ | トップページ | 地上高15mよりの眺望 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

ビクトリー 様
さすがに高所作業は心身ともにこたえます!
その代わりに晩酌の味は格別で、睡眠もよく取れました。
ジムに通い始めたときに話したかと思いますが、
筋トレに通い始めたのは、この作業を片付ける事を目的としていたことは事実です。
次のブログにもあるように大方の目的は果たしましたが、
せっかくポ-ルが新しくなったので、欲を出して、Topに小さなアンテナを設置することにしました。
アンテナは既に注文済みで、明日には小倉店へ取に行く予定です。
タワ-登りは筋トレ何日分?かはあるでしょう・・・・
コメント有難うございました。

そのお歳でのこの作業。流石の一言に尽きます。

私は高所恐怖症で2mで精神的にアウト。

なので画像を拝見するだけでも物凄いことだと肝を冷やしながら感じております。

Mr:Samu さま
激励?のお言葉ありがとうございます。
まずは安全第一、命綱は2本用意しています。
1本は電工さんが着けている自己保持型、あとの1本は予備で、
万が一、自己保持が外れた場合にはこれで落下を防ごうと言う訳です。
いま軽くウォミングアップ方々軽く歩いてきました。
本日、ポ-ルを抜く段取りをします。もし、うまく抜けそうになかったら塗装と言う事になります。
ケ-スバイケ-スで、柔軟に対応したいと思っています。
頭の中ではシュミレ-ション出来ていますので、なんとかなるでしょう・・・
ジムでの筋力トレ-ニングは無駄では無かったようです。
一度登ってみて、自信がつきました!
あと3回は登る事になるでしょうが、何とかやり遂げたいところです。

高い、狭い、垂直の場所で、命綱1本に身を任せて難作業。
古希を過ぎた方とは、思えません。凄いの一言に尽きます。
下から見ると宇宙飛行士の、船外活動のようです。

次ぎは、UVアンテナ取り付け、防錆作業計画とか、
呉々も安全第一に!!。 祈念しています。
        がんだの Mr:SAMU

Tonoさま
早速のねぎらいのお言葉をありがとうございます。
カメラを持って上がるはずでしたが、安全ベルトをしたら、
小さなものでも邪魔になり持って上がりませんでした。
前回は、タワ-からの展望をお届けしたのですが、
今回は無しです。
あと、ポールを塗装するか、新しいものにするかの課題が残っています。
塗装は高所を何度も上がったり降りたり・・・
新しいポ-ルにすれば、錆ポ-ルの引き抜き作業と既存の21MHアンテナが問題です。
見映え、費用と労力を考えると、どちらが得策か?
Topには430-144のアロ-ラインを取り付ける予定です。
完成の暁には、またブログアップも考えます。
ありがとうございました。

予てからの アンテナ1部撤去 センターポールの短縮工事が 出来たようで
大変お疲れ様でした、若い時はたいして 苦には成らないけれども
還暦を過ぎての 高所作業は身体に応えますからね、奥方様もお手伝いご苦労さんです
こんな作業は やはり下に誰か居ないと 出来ないものね。

21MHZのアンテナだけは 残してもらったようですね
本当にご苦労さまでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田舎の春は黄色の景色・・・ | トップページ | 地上高15mよりの眺望 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

  • がめ煮 (君は今日からCOOK☆スター!)
無料ブログはココログ