« 元祖?醤油スプレ- | トップページ | トラノオの花 »

勘六橋

Dsc_4196_2Nikon D7000 ・ AF NIKKOR 24-50 3.3-4.5


  老朽化に伴いすぐ脇に代わりの橋脚が造られてやがて壊される運命にある橋の姿を撮っておこうとすぐ近くまで来て、橋の下に潜り込みました。

 北九州から直方市へ行くには遠賀川で遮られていることから、どこかの橋を渡らなくてはなりません。通常は「日の出橋」を渡ってまっすぐ走れば直方駅の方へ行くことが出来ますが、Hikoさんがしょっちゅう利用しているのは、すぐ上手(川上)に在る「勘六橋」と言う橋です。

 なぜそうなるか?信号の少ないバイパス道を走り抜けると、おのずとこのル-トになってしまう?からなのですが、本当の理由はまた別にあります。勘六橋の手前から河川敷に降りて車を停めることがしばしば有ることからこのようになるのですが、車を停めないときには橋を渡ってしまい目的の場所へ・・・・

 その勘六橋も造り替えられることとなり、やがては景色も変わるであろうということから、記念に残して置きたいとの気持ちです。新しい橋の橋脚は既に出来上がっており、工事に携わった工事車両用の仮設道路跡もきれいに芝が張られて、あとは橋を架けるだけになっています。

 新しい橋が架かれば当然の事ながら、この古い橋はお払い箱、解体される運命です。

Dsc_4092遠くに見えるのが勘六橋、手前に新しい橋脚、そして潜り橋、のどかな風景です。

Nikon D7000 ・ AF NIKKOR 24-50 3.3-4.5

Dsc_4191同じ日、河川敷寸景

Nikon D7000 ・ AF NIKKOR 24-50 3.3-4.5

« 元祖?醤油スプレ- | トップページ | トラノオの花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

  • がめ煮 (君は今日からCOOK☆スター!)
無料ブログはココログ