« 京都の桜2011-醍醐寺 | トップページ | 一雨降って・・・ »

ひで君の山歩き-京都一周トレイル

S 東山山頂公園にて (何時もの赤シャツで、元気なひで君の姿が有ります!)

 日本百名山を目指し完全踏破まであと僅かという所で、鉄人ひで君も歳には勝てず?昨年末には、ついにエンジンが音を上げてしまい、部品交換修理を余儀なくされました!

 2月に開催された中学の同窓会には参加していたものの、退院明けということもあって、やや精彩を欠いていたようにも見受けられましたが、時間と伴に復活の兆しが見え、今回は試運転に漕ぎ着けたようです。

 で、その第1回目とも言える山歩きリ-ポ-トが届いたという訳ですが、ここであまり耳慣れない「トレイル」と言う言葉が出てきました。

 分からぬ事の神頼みじゃなく、google頼みで調べて見たところ、どうやら非舗装道(不整地)を歩く、いわゆるトレッキングのようなものです。

 欧米ではトレイルランニングと言う、クロスカントリ-に似た自然を楽しむ遊び?が盛んと言う事で、これを真似たようなものらしいのですが、ここでは自然道を歩くと言う事でしょう。

 では、京都一周トレイルひでリポ-トをどうぞ・・・

 昨年末の手術から3ヶ月、やっと担当医師から山歩きの許可が出たため、京都一周トレイルに挑戦しました。
4ヶ月ぶりの山歩きでしたが、何とか無事終えることが出来ました。以下、そのレポートです。

「京都一周トレイル・第1回目・伏見稲荷から大文字山へ」

 4月6日、暖かく快晴となり、花見を兼ねて京都一周トレイルに出かけました。京都一周トレイルは、伏見稲荷大社から大文字山、比叡山、大原、鞍馬、高尾を通り嵐山までの、延長75kmに近い手頃なトレッキングコースです。

S_7伏見稲荷大社
 
 
京都市街地の周辺山地を反時計回りに、有名な神社仏閣を通る変化のある山岳コースで、普通5回から6回位に分けて歩かれているようです。
 
 今回は、その1回目、伏見稲荷から大文字山、銀閣寺を目指します。伏見稲荷は、全国のお稲荷さんの総本社。正月の参拝客で多いに賑わいます。ここに1番目の道標があります。

S_2 京都一周トレイルの道標

 本殿から奥社へ、幾つもの朱色の鳥居をくぐって行くと、標高165mの四つ辻に到着します。

 S_3 千本鳥居

 一旦山を下り、市街地を通過して、楊貴妃観音像のある泉涌寺に到着します。近くに東福寺や今熊野観音があり、紅葉で大変賑わう場所です。

 ここから山道に入り峠を越えると、国道1号線に出てそのトンネルをくぐると、清水寺へと続きます。裏からちょっと覗いて、清水山への登山道へ。やがて東山山頂公園に着き、ここで昼食です。桜の下で多くの登山者が食事をしています。

S_9 清水寺

 将軍塚から急坂を下り、広い三条通りを東に歩くと蹴上駅に着き、真っ直ぐ歩くと南禅寺から哲学の道へと続く観光コースとなります。

 トレイルは、琵琶湖疎水の見事な桜並木から日向大神宮の参道へと上がり、本格的な大文字山への長い登山道へ入ります。時折西に平安神宮や京都の町が見え、一汗かいた頃、大文字山の四つ辻に着きます。

S_4琵琶湖疎水

 コースはここから霊鑑寺へと下るのが本当ですが、大文字山(474m)へ登り、火床を通って銀閣寺へと下ります。

S_10 銀閣寺山門

 大文字山は、毎年8月16日に「五山の送り火」で最も雄大な「大」の字の点火される山です。 火床の上からの眺めは最高です

S_13 大文字山からの京都市街

 銀閣寺は、桜も満開で大勢の観光客で賑わっていました。出町柳までの途中で振り返ると大文字がはっきりと見えています。

S_6 大文字山を振り返る

« 京都の桜2011-醍醐寺 | トップページ | 一雨降って・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

nekoさん
お元気ですか?
あなたも京都一周トレイルにチャレンジされて見ては如何ですか・・・

病み上がりの乙女さん
コメント有難うございます。
もしや?以前コメントいただいた夢見る乙女ちゃんではないかと勝手に想像しております。
病み上がりと言う事のようですが、ひで君も不屈の精神で蘇りました!
乙女さんもどうぞ頑張ってください。

東北地方では復興のさなかに、また出鼻をくじくような大きな余震が起きた様です。
打たれても打たれても立ち上がれ東北!頑張れ日本!
日本全国の力を結集して、必ずや復興を成し遂げ、震災前よりグレイトな日本になる事を確信しております。

Hikoさんこの場をお借りして・・・

鉄人ひでさん お元気になられて何よりです
「トレイユ」という言葉を初めて知りました
40k、20k、10Kと歩きコース、ツーデイマーチを京都でしたことが有りますが 一人で歩くコース案内が出ているとは ニュースです
健康に合わせて、お楽しみください

Hikoさん ありがとう

 やはり、やはりヒデ君はやってくれますね。病気したから歩ける
喜び以前より強く強く感じられるんですね。気持ちが強いから病気に負けないんです。私も、ヒデ君の歩ける喜び共感できます。
人生苦しみの後は、喜びがある。だから、夢は持ち続けたい。

 地震からの復興も、必ずできますよね。ヒデ君だって何回手術しても、ちゃんと歩けるように回復しているんだもの。
私も、負けないで歩きます。

hidebooさま
仰る通り、時を同じくしての京都からのリポ-トでした。当の本人もこれには驚いているかも知れません。この調子だと百名山達成も夢ではなさそうですが、無理は禁物!なにしろ古希ですから・・・・

hidebooが醍醐寺で桜を見ているころ、鉄人ひで君は近くの伏見から京都一周トレイルに挑戦していたんですね、びっくりです。
日頃hidebooがウォーキングしている琵琶湖疏水、蹴上、日向神社等々が紹介されているのも、ちょっぴりうれしいものです。
それにしても鉄人ひで君の健脚には恐れ入ります。
伏見稲荷を9時21分に出発して清水から蹴上を抜けて、大文字山へ登り、銀閣寺へ降りて出町柳に15時12分に到着しているなんて、
とても病み上がりの古希の人とは思えません。
 ガンバロウ日本 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都の桜2011-醍醐寺 | トップページ | 一雨降って・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

  • がめ煮 (君は今日からCOOK☆スター!)
無料ブログはココログ