« 驚きのこの一枚 | トップページ | 正月準備 »

バ-ドウオッチャ-の飛び道具

PhotoLUMIX DMC-FZ100 これは今までのベストショットではないかと!!(鮮明に撮れたところが) 自画自賛

 京都にウオ-キングを兼ねてバ-ドウオッチングを楽しんでいる友人が居ます。またの名を元工作部員とか京都特派員などと呼ばれ、せっせと情報提供をしてくれています。

 今回、当ブログの紙面(画面)を飾っている野鳥も彼の獲物です。

 彼が愛用する「飛び道具」、つまりバ-ドウオッチャ-の必須用具である双眼鏡と言うより、高性能のカメラがものを言っている様です。

 Hikoさんが「飛び道具」呼ばわりしたのは、なにも物騒な弓や鉄砲ごときでは無く、ウオッチャ-(観る人)には遠くの物を引き寄せて見る道具とでも言いましょうか・・・

 つまり、弓や鉄砲は遠くの物を射止めるのに、こじつけてみたまでの事です。

 講釈はさておき、彼の飛び道具とは・・・

Panasonic LUMIX DMC-FZ100
  仕様 

   画素数:1.4M PC
   レンズ:LEICA DC VARIO-ELMARIT 
   ズーム:光学ズーム    24倍   
        EX光学ズームZ 50.6倍
        ⅰAズーム    1.3倍
        デジタルズーム  4倍
を併用して最大倍率269倍
        広角:25mm
連写速度:メカシャッター 最大11コマ/秒 電子シャッター 最大60コマ/秒
ハイスピード動画機能付:220コマ/秒

 あまりにも良い写りをしているので問い合わせたものです。

三脚は使っていません。
 持ち歩くのがめんどくさいのと、シャッターチャンスを逃すのと、それに長時間三脚を立てて待つほど気が長くないんです。
 それに最近はマナーを弁えず、三脚を所かまわず使用して、傍若無人の振る舞いをする輩と間違えられて、白い目を向けられるのもいやなんです。

 高額な一眼レフにさらに高額な望遠レンズを装着してもなかなか良い写真が撮れないと言う人も居る中、かれは一眼型コンパクトデジカメで、三脚も使う事無くこのような写真が撮れているのには驚きです。

 最近のデジカメは、特にコンデジにおいては、手振れ補正機構とズ-ムレンズの性能アップ、さらには撮像素子の高感度化など技術の進化は目を見張るものがあります。

 なんだか、カメラの宣伝記事の様になってしまいましたが、Hikoさんの言いたかったことは、なにも高いお金を払わずとも、目的に合った道具を使いこなせば良い結果に繋がると言う事です。

 まさにその見本となるような画像が送られて来ました。

2今シーズン初めて出遭った ジョウビタキ

Cid_1cc88bda0d8a40f992f2164e098eb68三階建ての民家の屋根に佇むアオサギ 一時間後もこのままでいた

 

« 驚きのこの一枚 | トップページ | 正月準備 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚きのこの一枚 | トップページ | 正月準備 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

  • がめ煮 (君は今日からCOOK☆スター!)
無料ブログはココログ